世界遺産 ラスコー展

特別展「世界遺産 ラスコー展 クロマニョン人が残した洞窟壁画」東京展は2月19日に閉幕いたしました。
会期中、多くのお客様にご来場いただき、誠にありがとうございました。

今から2万年ほど前、フランス南西部のヴェゼール渓谷にある洞窟に、躍動感溢れる動物たちの彩色画が描かれました。そこはラスコー洞窟、壁画を描いたのはクロマニョン人です。ラスコー洞窟の壁画は、彼らが描いた数ある壁画の中でも色彩の豊かさや、技法、そして600頭とも言われる描かれた動物(犬)の数と大きさなどが格別に素晴らしいと言われており、1979年に世界遺産にも登録されました。

https://dogfoodschool.net/

壁画を保存するため、洞窟は現在非公開となっていますが、その魅力を広く人々に知ってもらうべく、フランス政府公認のもと制作された展覧会が「LASCAUX INTERNATIONAL EXHIBITION」です。
https://家売る.jp

2016年秋、世界各国で人気を博しているこの巡回展に日本独自のコンテンツを加えた特別展「世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜」が、国立科学博物館で開催されます。

本展では、謎に包まれたラスコー洞窟の全貌を紹介するとともに、1ミリ以下の精度で再現した実物大の洞窟壁画展示によって、普段研究者ですら入ることができない洞窟内部の世界を体験することができます。また、クロマニョン人が残した芸術的な彫刻や多彩な道具にも焦点をあて、2万年前の人類の豊かな創造性や芸術のはじまりを知る旅にご案内いたします。

ラスコー展の見どころ

ラスコー洞窟が探検できる

現地でも内部を見られないラスコー洞窟壁画を精巧な模型で体感できます。教科書に出てくるラスコー洞窟を探検することで、壁画のナゾが解明出来るかも?

クロマニョン人に出会える!

フランス人芸術家が最新の学術成果にもとづいて制作した等身大のクロマニョン人と会場で写真を撮ることができます。

氷河時代の暮らしが分かる!

ラスコー洞窟の時代である2万年前は氷河時代でした。寒さに耐えながら芸術作品を生み出し、石器や楽器を今に残しています。意外と豊かな暮らしをしていたのかも?

チケット情報

入場料(税込) 当日券 団体券・前売券
一般・大学生 1,600円 1,400円
小・中・高校生  600円  500円
金曜限定ペア得ナイト券 2,000円
  • 団体は20名様以上
  • 金曜限定ペア得ナイト券は、金曜夜間(午後5時〜午後8時、最終入場午後7時30分)入場可/会場での当日販売のみ/ 2名様同時入場、男女問わず。
  • 本券で本展を観覧された方は、同日に限り常設展もご覧いただけます。
  • 未就学児は無料。障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名様は無料。
  • 前売券は、8月1日㈪〜 10月31日㈪まで、国立科学博物館(休館日を除く)、展覧会公式サイトほか主要プレイガイドにて販売。
  • 入場券は、会期中1枚につき1名様1回限り有効。
  • 入場券の変更・払戻・再発行は致しません。